トップページ > コラム > エラ骨は全身麻酔と痛さについて

エラ骨は全身麻酔と痛さについて

 エラが張っている人は、男っぽい印象を与えてしまいますし、我が強いイメージを持たれてしまうことが多く、悩んでいる人が増えています。
 すっきりとしたフェイスラインにしたい人は、美容外科のクリニックでは、エラ削りによる美容整形を受けることができます。
 全身麻酔を行う必要があるので、手術に関する不安や悩みを持たれている人が多いですが、信頼できる評判の高い美容外科のクリニックでは、信頼できる医師が在籍をしており、丁寧にカウンセリングを行ってくれるので、不安を解消できます。エラを削る手術を行う時は、全身麻酔を行う必要があるので、3日程度の入院が必要になります。
 奥歯の歯茎の部分を切開して、エラを削っていくので、傷跡が目立ちにくいのが特徴になっています。


 エラ骨削りの美容整形を受けたい人が多いですが、手術中は麻酔を行うため、痛いと感じることがないので、安心して下さい。
 麻酔から覚めた後は、多少の痛みが出る可能性がありますが、評判の高い美容外科のクリニックでは、施術後のアフターケアをきちんとしてくれるので、安心することができます。
 エラの骨を削る必要があるので、2週間から3週間ぐらいは、腫れが出ることが多いですが、少しずつ目立たなくなってきます。多少のダウンタイムはありますが、腫れがひいてくるとすっきりとした小顔になれるので、女性らしい印象の顔立ちになれます。
 手術当日は入浴は避ける必要がありますが、しばらくするとシャワーなどは浴びれるようになります。


 若い年代の人から、中高年以降の人まで、エラが張っていることで悩んでいる人が増えており、第一印象で損な印象を与えてしまうので悩んでいる人が少なくありません。
 エラを削る手術は少しずつ丁寧に行ってくれますし、手術を受ける前に施術後の顔立ちをイメージしやすいので、安心して施術を受けることができます。
 ボトックス注射もエラを目立たなくする効果がありますが、永久的には持続しないので、エラを削る手術を希望している人がほとんどです。
 手術後は多少の痛みが出る可能性がありますが、痛み止めの注射などをしてくれるので、安心して下さい。施術を受けた後は、3日間は安静を心掛ける必要があります。
 高い技術や豊富な経験が必要な美容整形なので、豊富な知識を持っている医師を選ぶ必要があります。
 エラを削ってもらうことで、横顔から見た顔の印象も美しくなりますし、すっきりとしたフェイスラインになれます。

次の記事へ